円形脱毛症

症状

円形脱毛症

自覚症状など何も無く、ある日突然、頭にコイン大のハゲができます。
円形の脱毛巣がひとつだけできるものから、頭髪全体が抜けるもの、さらに眉毛、まつ毛、陰毛や体毛など、ほぼ全身の毛が抜けるまであります。
脱毛巣周囲の毛を軽く引っ張ってみて、数本の毛が抜ける間は進行中です。脱毛巣の皮膚は、周囲よりへこんだ状態になっていて、しばしば軽い発赤を伴います。進行が止まれば、多くの場合は数カ月後に軟らかい毛がはえてきて、その後硬い毛がよみがえります。
ほとんどは、放置していても自然治癒するといわれていますが、円形脱毛症になりやすい体質の人もあり、そういう人はしばしば再発を繰り返します。治癒後5年以内に、約40%が再発するといわれています。
また、頭髪のみでなく、全身の毛が抜ける汎発性脱毛症では、予後が悪いことが多いようです。最近では、小学生の子供がかかるケースが増えています。

原因

免疫異常(アレルギー)
悪質円形脱毛症
毛の根元へリンパ球が、集まってくることから起こります。
リンパ球は血液の中にあり、扁桃炎や肝炎などの炎症部位に集まってきて、炎症を鎮めようとします。この症状は、他の免疫異常疾患(甲状腺疾患、尋常性白斑。糖尿病、アトピー性皮膚炎など)と同時に起こりやすいといわれています。しかし、詳細についてはまだよくわかっていません。
精神的ストレス
ストレスによって、胃潰瘍や十二指腸潰瘍が起こるのはよく知られています。これは、ストレスにより血管が収縮し、その部分の粘膜が死んでしまい、潰瘍すなわち穴があいた状態になってしまうのです。
もし同じことが頭皮で起きたら・・・・おそらくその血管を中心に毛が丸く脱落してしまうでしょう。家庭内や、仕事上の問題が原因で起こるケースが増えています。

治療法

自然治癒
精神的ストレスが基礎にあるため、時間が問題を解決してくれるからでしょうか、ほとんどは自然治癒します。
もっとも、ストレスを解消する方法を見いださないことには、根本的な治癒にはならないと思います。解消法は、人によって違いますので自分自身で考えてみましょう。
例えば、運動を始めるとか、趣味を楽しむとか--家族でだんらんの時を過ごすのもよいでしょう。
ステロイド剤
免疫異常を押さえるためステロイド剤を塗ります。
フロジン液
血液の循環をよくするために、フロジン(塩化カルプロニウム)液を塗ります。健康保険の適用になる薬で、緑色をしています。
精神安定剤
ストレスが強く、よく眠れないような障害がある方には軽い精神安定剤も有効です。
紫外線療法・ドライアイス
頭皮を刺激するために、紫外線療法やドライアイスを患部にあてる療法があります。しかし、ドライアイス療法は、とても痛いので子供には向きません。