日本医学育毛協会の歴史と活動状況

日本医学育毛協会の歴史

1994年11月
現会長、フクタ皮フ科院長、福田金壽医師を中心に、日本医学育毛協会発足。
理事長:若松信吾(東京女子医大附属第2病院・形成外科教授)、会長:福田金壽
理事:青山 久(愛知医大附属病院・形成外科教授)、桑名隆一郎正木貞男
日本医学育毛協会加盟医師28名。
1995年9月29日
理事 桑名隆一郎医師の記事が中日新聞に掲載される。
1995年10月21日
名古屋国際会議場1号館4階レセプションホール第2室(13:30〜16:30)
日本医学育毛協会理事、高知赤十字病院皮膚科部長、桑名隆一郎医師を主な講師とした、第1回日本医学育毛協会勉強会開催。
1995年11月
日本医学育毛協会加盟医師40名。
1996年3月22日
理事 青山久教授、山口容子医師の記事が中日新聞に掲載される。
1996年6月6日
会長 福田金壽医師の記事が中日新聞に掲載される。
1996年10月末
日本医学育毛協会加盟医師77名。
1998年6月末
日本医学育毛協会加盟医師85名。
2001年12月
日本医学育毛協会事務局から、加盟医師の病医院を紹介する業務を停止。
2008年3月末
日本医学育毛協会の活動を休止。

日本医学育毛協会事務局

申し訳ありませんが、日本医学育毛協会はその役割を終えたとして、現在活動を休止しております。日本医学育毛協会事務局は、2008年3月31日を以て閉鎖させていただきました。

誠に勝手ながら、以上ご理解下さいます様、よろしくお願い申し上げます。