内科的疾患による脱毛症

症状

他の病気の悪化や治療に伴って、髪の毛が抜けることをいいます。

原因

内臓の病気によって全身が衰弱したために、大量のエネルギーを必要とする毛髪まで十分な栄養分を送れなくなったからです。 こうした脱毛を起こす主な病気として、以下のものが挙げられます。

  • 甲状腺機能低下症
  • 糖尿病などのホルモン異常
  • 肝硬変などの肝臓病
  • 高度の貧血
  • 思春期拒食症(思春期に食事をとらなくなり生理不順、体重減少をきたす)
  • 大手術

治療法

内臓の病気を治すことです。病気が治れば、髪の毛も自然に元に戻ります。